葉酸で高齢出産のリスクを下げる

葉酸で高齢出産のリスクを下げる

女性の社会進出が進む現代では、高齢出産はまったく珍しいことではなくなってきています。ただし、高齢出産に臨む際には関連するリスクについての認識を十分に持っておかなければなりません。

高齢出産におけるリスクを知ろう

それでは実際に考えられる高齢出産におけるリスクについて順番に説明をしていきます。

@妊娠しにくくなる
一般的に35歳を過ぎた後から急激に妊娠しにくくなると言われています。高齢出産には様々なリスクがありますが、まず妊娠すること自体が難しいということを認識しておく必要があります。

A病気のリスクが高まる
高齢出産になると、母子ともに病気のリスクが高まります。妊婦ですと妊婦高血圧症候群、糖尿病などを招く危険性が高くなります。また、胎児の方もダウン症をはじめとする染色体異常が起こりやすくなります。

B流産が起こりやすくなる
年齢を重ねるごとに流産の危険性が高まる傾向にあります。そのため、30代になると、20代と比較して約15%流産のリスクが高まると言われています。また、流産を防げても出産自体も大変なものになり、産後の回復にも時間がかかる傾向にあります。

高齢出産の安全性を高めるために葉酸を摂ろう

上記のように高齢出産には様々なリスクが伴います。そうしたリスクを軽減させるためにも葉酸が役立ちます。特に、葉酸には染色体異常を防ぐ働きがあるため、産まれてくる子どもが健康になる確率を高めることができます。

この染色体の異常を防ぐためには、男女の両方が葉酸を摂ることが大切です。

運営者情報

Healthy Baby

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。