時期別に見る葉酸の摂取量

時期別に見る葉酸の摂取量

妊婦は積極的に葉酸を摂るようにした方が良いというのは冒頭で説明したとおりです。しかし、どれくらいの量を摂るようにすることで、そのメリットを十分に得られるかについても理解を深めておく必要があります。葉酸は妊婦、胎児にたくさんのメリットがあるものですが、だからといって闇雲に多く摂取すれば良いというわけではないのです。

それぞれの時期に、どれくらいの葉酸摂取を心がければ良いのかについて見ていきましょう。

葉酸摂取が必要なのは妊娠初期だけ?

葉酸摂取が必要となるのは、妊娠初期のみと考えられている人が非常に多く見受けられます。これには、妊娠初期の妊婦へ葉酸摂取を推奨する情報が多いという理由が考えられます。確かに、妊娠初期に葉酸を摂ることは特に大きな意味を持ちます。

しかし、それでは初期の間のみ摂取していればそれで良いのかというと、そんなことはありません。葉酸の持つメリットは、短期間の摂取で得られるものではありませんので、ある程度継続して続けていくことが大事なのです。

時期別の摂取量を知ろう

それでは、それぞれの時期にどの程度の葉酸摂取を行うのが好ましいのかを見ていきましょう。

まず、妊娠初期には食事から摂るものと合わせた合計で640ug程摂取できるのが好ましいです。この目標摂取量は少しずつ少なくなっていき、中期〜後期では合計で480ug、授乳期では合計で計340ug程と言われています。

それぞれの時期に合わせた適切な量の摂取を心がけてすごしましょう。

運営者情報

Healthy Baby

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。