葉酸摂取は危険な貧血の予防にも

葉酸摂取は危険な貧血の予防にも

最初に、葉酸摂取の最大の目的は胎児の神経管に関する障害の予防と書きましたが、葉酸によって防げる異常はそれだけではありません。葉酸摂取は、様々な病気のリスク低下に繋がるので、胎児のためだけではなく、妊婦の安全のためにも役立つのです。それでは、具体的にどのような疾患の予防に繋がるのかを見ていきましょう。葉酸の摂取は意外な病気の予防にも繋がるのです。

掲載記事の詳細情報:不妊治療に有効な葉酸サプリメント

妊婦が貧血を起こすリスク

妊婦にとって恐ろしい疾患の一つとして挙げられるのが貧血です。貧血は健康な成人でも疲れなどにより起こることがありますし、その多くは大事に至らないことが大半です。そのため、貧血を危険なものと認識している人はあまり多くありません。

しかし、妊婦の場合は話が変わってきます。妊婦が貧血を起こすと、胎児が健康に成長できない恐れがありますし、場合によっては妊婦、胎児の両方の命にかかわるケースもあります。また、外を歩いているときや運転中というときに貧血になれば、危険な事故を招く心配もあります。

そして、更に悪いことに妊娠をするとどうしても貧血を起こしやすくなってしまいます。これは、妊婦の血液が胎児に送られるため、仕方のないことなのですが、そのため、普段は貧血にならない人でも、妊娠中は貧血を起こす危険性があるのです。

葉酸摂取で貧血の予防を

上記のとおり、妊婦にとっての貧血は普段のときよりも遥かに危険です。日頃から予防に努めるのが賢明でしょう。そして、葉酸がその予防に役立つということがわかっているのです。一般に貧血は鉄分の不足によって起こるものですが、ビタミンB12と葉酸の不足によって起こるものもあるのです。鉄分をしっかりと摂ることも大切ですが、葉酸の摂取も忘れてはいけません。

運営者情報

Healthy Baby

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。