葉酸が妊婦さんに有用な理由とは

葉酸が妊婦さんに有用な理由とは

妊娠中の女性には、葉酸摂取が強くすすめられています。それは、女性であれば多くの人が知っていることでしょう。もちろん、そうした背景には妊婦にとって葉酸が非常に有用だからということがあるのですが、実際にどのようなメリットがあるのかについては、詳しく知らないという人もいるでしょう。

そこで、当サイトでは葉酸の摂取にはどのような利点があるのか、順番に説明していきます。

葉酸摂取の最大のメリット

細かいことについては、後述していきますが、まず葉酸を摂取することによる最大のメリットについて説明していきます。ずばり葉酸を摂取することによる一番の目的、利点は産まれてくる胎児の異常の予防に繋がるということです。

やはり、産まれてくる子どもには健康であってほしいものです。しかし、妊娠中のすごし方に問題がなくとも、偶発的に胎児に何らかの異常が生じてしまうことがあります。それを防ぐためにできる努力の一つとして挙げられるのが積極的な葉酸の摂取なのです。

聞きなれない人にとっては葉酸摂取によるメリットについて不信感を持つ人もいるかもしれません。しかし、胎児に異常が発生するリスクを軽減できることは科学的にも証明されていることです。そのため、厚生労働省も妊婦へ葉酸摂取を行うよう、推奨しています。

掲載記事の詳細情報:葉酸サプリ比較研究所

起こりえる具体的な胎児の異常

葉酸摂取が胎児の異常防止に繋がるというのは上記の通りですが、では、胎児の異常とはどのようなことを指すのかも見ていきましょう。

一般に、出産後における胎児の異常としては神経管閉鎖障害と呼ばれるものがあります。神経管閉鎖障害の中にはいくつかの疾患が含まれており、無脳症、二分脊椎、髄膜瘤などがあります。

この神経管閉鎖障害と呼ばれる異常は、受胎後、四週間程でできてくる神経管に問題が起こることで発生します。そして、葉酸を摂取しておくことでこの神経管異常の発症リスクを軽減できることがわかってきたのです。

もちろん、神経管閉鎖障害が起こってもその後の処置によって問題なく育っていってくれる可能性もありますが、やはり予防できるならばそれに越したことはありません。更に現在では、葉酸を日常的に摂取することも容易になってきていますから、決して難しいことではないのです。

妊娠中には積極的に葉酸を摂ろう

皆さんは葉酸というものについてどのくらいの理解を持てているでしょうか。国でも、妊娠中は積極的に葉酸の摂取を行うことを推奨するようになり、その認知度は大きく高まったと言えます。どのようなものかまで詳しくわかっていなくても、「妊娠中に摂るようにした方が良いもの」という認識を持っている人は多いでしょう。必ずしもそのような曖昧な認識ではいけないわけではありませんが、せっかくなのでこの機会になぜ妊婦に対し葉酸摂取がすすめられるのかを知っていきましょう。

そうすることで日頃から意識して葉酸の摂取に努められるようになるはずです。

葉酸摂取で母子の安全を守る

葉酸摂取をすすめる最大の理由は、それが妊婦、そして産まれてくる子どもの安全を守ることに繋がるからです。

葉酸は妊婦の心を安定させてくれますし、免疫力を高めて体を健康に保ちやすくしてくれるのです。妊娠中は様々な病気のリスクを抱えることになりますから、その危険性を軽減させてくれる葉酸は非常に頼れる存在となるのです。

また、葉酸の積極的な摂取は胎児の安全のためにも役立ってくれます。産まれてくる子どもは、多かれ少なかれ何らかの異常を抱える危険性があります。これは、妊娠中のすごし方に問題がなかったとしても起こり得る問題です。

胎児に起こる異変としては神経管閉鎖障害が挙げられますが、妊娠初期から必要な葉酸を摂取することで、そのリスクも低下させられるという結果が出ているのです。

葉酸の効果の高さは実証済み

しかし、葉酸を摂取することによって、どの程度の効果が得られるのか、目に見えないことですから気になる人は多いでしょう。これに対しても公式な調査結果が出されており、例えば先述の胎児の神経管異常が発生するリスクは50〜70%も軽減できるという結果となっているのです。

また、妊娠中はどうしても気持ちが不安定になりやすいものですが、葉酸を摂取している人はうつ病の症状が出にくいということがわかっています。更に、うつ病の患者に対し葉酸摂取を行うと、抗うつ剤のみで治療を行ったときよりも、高い効果が得られるということがわかってきているのです。

葉酸の摂取がここまですすめられるようになってきたことには、きちんとした根拠があるということです。

運営者情報

Healthy Baby

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。